当塾は本質を踏まえた勉強の「過程=プロセス」を重視します。「なぜそうなるのか?」を自分の頭で考えて理解し、自分の言葉で説明できる本物の学力が身に着くための勉強の仕方を指導します。
そして、本質を踏まえた学習によって、論理的思考力・語学力・教養・論述力・応用の効く知識を生徒が身に着けることを狙いとします。
以下、少し長くなりますがこの理念について詳しく説明させて頂きたいと思います。

「数学の公式は暗記すればいい。とにかく覚えろ!」という考え方の人が、残念ながらまだまだ多くいます。
公式を無理やり暗記する勉強法だと、ちょっと応用されたら手も足も出ません。時間をかけて「なぜそうなるのか?」を考えて理解した方が、数学の本質を理解しているので、難しい応用問題も解けるようになるのです。
実は暗記科目に見える社会ですら、意味不明な単語と年号の丸暗記をするより、「なぜそうなったのか?」背景と意味を理解した方が、結局覚えやすいし役に立ちます。
勉強ができる優秀な人こそ「なぜ」を大事にする勉強をしています。

どんなに綺麗ごとを言っても、大半の人が少しでも偏差値の高い「良い大学」に進学させるために塾に通っています。
日本はまだまだ学歴社会なので「良い会社」に入るチャンスが学歴で変わってくるからです。これは、現時点では正解でしょう。僕も5~6年前まではこの考え方でした。
ただ、大手企業であっても45歳以上の中高年の社員が万人単位でリストラされ、トヨタですら「終身雇用は難しい」と発言する時代です。定年も70歳が当たり前になるでしょう。30年後には「大学を卒業した会社で定年まで雇用される」人は希少になると思います。
しっかり勉強した結果として難易度の高い大学に進むのは良いですが、「とにかく大学に入りさえすれば良い。勉強に関係ことするな!」という発想は危険です。当塾の最終的な役割は「子どもが幸せに生きる役に立つ」ことだと定義しています。本質的な勉強を指導するとともに、「どう生きるか?」を考える刺激を与える場所になるよう努力します。