教え愛で、まあまあ金銭的な損害!

皆さんこんにちわ。

サッカーのユーロの決勝を一日間違えて前日の朝4時に起きて、ヤケ酒しながらサッカーゲームをして二度寝した、ナルシストです。

#色々間違ってる

さて、下のを見てください。

これは、僕の塾で発行している塾内通貨「ナル」を景品の図書券と交換した生徒の写真です。


知らない人のために、説明します。

うちの塾の演習空間という自習サービスは、単なる自習ではありません。

分からない問題はガンガン質問できます。
でも、先生はあんまり答えません。

どうするかというと、年上の生徒に「お前が教えてあげろ」と、無茶振りをします。

振られた生徒は必死に教えます。

教えたら、「ナル」が4ナルもらえます。

40ナルで個別の授業半額、80ナルで授業料一回無料!(4500円相当)です。

また、60ナルで図書券またはスタバのギフト券2000円と交換できます。


どう考えても狂ってます(笑)

だいたい、このナルの交換で月に2万円前後は塾は損してます。
売り上げの1~2%は消えてるわけです。

で、この写真の子はこれまで貯めた360ナルを図書券に交換しました。

だから 12000円分です!

もうね、泣きそうですよ。

ただ、このシステム「教え愛」には狙いはたくさんあります。

❶他人に教えるのが一番自分の勉強になる
いつも言っている、最強のinputはoutputすることから生まれる

❷他人の役に立つことで、自己肯定感を増す。
「私が教えてあげるよ。なんでも聞きな。」なんて、お姉さん風を吹かすJKとかいて、見ててほほえましいです

❸演習空間がコミュニティになる
勉強教えてもらえれば、人間関係も生まれます。
今では勉強することが、「○○くんと一緒に勉強する」とか「××ちゃんに教えてあげる」という目的に変わってます。

人間は社会的動物だな、とつくづく痛感してます。
なんかね、部活みたいなノリになってきてるんですよ。

ということで、僕は少々の出費に顔は笑顔で心で泣きながら、このシステムを運営してます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA