有料ライブ配信続報〜テスト配信での失敗から学ぶ〜

「コロナになったら、人格失うんでしょ?」と次男が思っていることを知ってしまいました。
なるちゃんこと、#実は二児の父 です。

#これが一番驚かれる
#溢れんばかりの独身感

さてさて、告知させてください
7月4日19時半~ 有料ライブ配信「国語の本質とは何か?」を行います。
企画を発表してから6日しか経ってないのに、15人もの方に申し込み頂きました!
まだまだ、お待ちしてますのでよろしくお願いします。

今日は「ライブ配信の準備をして色々失敗して、反省したよ」という話を皆さまと共有させて頂きたいと思います。

先日、僕の所属するBeyondというグループ内でライブ配信の練習配信を行ってみました。

自分で言ってる理論ですが、inputはoutputから生まれます。
だから、一回本気で喋ってみて気づくことがたくさんありました。

配信のあと、宮脇 慎也 さんと 加藤 多恵子 さんが反省会に付き合ってくれました。

喋り手側からは分からない意見、たえこさんは10年前の自分を思い出して、宮脇さんはちょっと前に講演会をやった人&同じ塾経営者としての意見をくれました。
大変ありがたいです。

と、いっても素直に聞いてたわけじゃありません。
「それはいやだ。やりたくない。」とか「僕はそういうのじゃないです。」とか「嫌なら聞かなければいいんですよ」とか連発してました(笑)

#やっぱりナルシスト
#殿様商売一筋13年

でも、そうやって議論することで自分の本音が見えてきますね。
今日は昨日の反省で気づいた、自分の本当の狙いを語らせてください。
お友達の塾長の宮脇さんの講演会が集客100人超えてたので、少なからず意識してました。
やっぱり30人は集めないと恥ずかしいなと。

#ナルシストは俗物

ただ、そのせいで集客のために「聞き手にメリットを出さなければ~」と思い込んでました。
「これを聞けば親が教えて国語が伸びるコツ」を強調しすぎてました。

#聞いても普通の親には無理といわれたよww
#そもそも親でできるなら塾は要らない

本当は、そういう目先の結果やメリットを追い求める人が嫌いなのに。
ついつい、「国語が伸びる!」って塾みたいなことを言って集客しようとしてましたね。

で、深夜の3時まで話してて分かったのですが、僕の本当にやりたいことはそこじゃないなと。

 

結局僕は、「国語はセンス」とか「本を読みなさい」という解像度の低い意見(恐ろしいことに先生も言っている)が蔓延している状況に、自分なりの正解を伝えたいんです。
国語はセンスじゃなくて、論理的思考の塊だし、記述をさせながら問題文を理解せざるを得ない状況にすれば個人差はあれど改善はします。

たとえていうなら、「ガンになったら即死亡!」って思っている人に、「ガンの仕組みはこうでこうで・・・、だからこういう僕はこういうやり方を試したらこうなったんです・・・」という状況を提供する感じです。

一言で言うと、「みんなの国語への理解の解像度を上げる」
これが目的です。
ここがブレてたなぁと反省しました。

それでタイトルを変えました。

それと、もう一つ反省点としては
「出し惜しみをし過ぎてた」
というのがあります。

というのは、僕は計画性がないので2週間前にこの企画を始めたんです。

だから、7月アタマでは集客しきれないだろうと思ってました。
実は8月末に第2回をしようと勝手に計画を秘めてたんです

そのために、自分の最大の持ち味である「子どもが作文を書くには?」とかそもそもの「国語力とは何か?」は、次回に回そうと思ってカットしてたんです。
「なるさん!それこそ喋らなければ!」と宮脇さんに言われました。
たしかに、出し惜しみしてる場合じゃないんですよね

#リアル策士が策に覚える
と、言うことで昨日のバージョンはお蔵入りです。

これから準備するバージョンはもっと、点数が上がるとか親でも教えられるとか「目先のメリット」の少ない話にします。

その代わり、「国語の本質とは何か?」
「作文を生き生き書いて、記述力が上がるようにするためには、大人のクソみたいな欲を捨てろ!」なんて話を多めにしようと思います。

一言で言えば、「僕が本当に語りたいことを語る」という感じにします。

お楽しみにしててください!

 

あ、そうそう。最後に宮脇さんの取り組みを紹介させてください。
彼にとって5月の講演会はフロントエンドみたいなもので、本番は8月に主催する講演会なんです。
僕に朝4時まで付き合ってくれる隣の塾長さんの企画、良かったらご覧ください。
僕は説明下手なんで、ブログを張っておきます

宮脇さんのイベントはこちら

https://www.shingakukuukanmove.jp/8.21.22event/

ナルシストは異常でーす。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA