失敗をさらけ出す

【失敗をさらけ出す】

先日、「コロナで経済的に困っている人の子どもを塾で無料で受け入れる」、と発表しました。これが、思った以上にうまくいかないので、その学びを共有させてください。

 

まずは僕の言い分から

営利事業として学習塾を営んでます。

決して暴利を貪っているつもりはありません。もらった以上のクオリティを出しているつもりです。

だけど、事実としてかなりの単価の授業料を頂いております。だから、まずは授業料を払って通ってくれている生徒のことが優先です。

その中で「無料」って文字をぶち込むのって、勇気が必要なんです。

「じゃあ、うちの子も無料で教えてよ!」って怒られると思うので。

だから、「経済的に困っている人を助け合う社会にするために、無料で受け入れます」というエクスキューズは絶対に必要なんです。


 

さて、ここからは失敗談です。

日本は僕が思っている以上に横並び意識と言うか「みんな一緒に」という感覚が強いようです。

「貧困家庭なら無料で受け入れます」と言うのは、「あそこに行ってるということはあいつは貧乏なんだ!」と言われるリスクを内包します(そういうこと言うクソみたいな奴こそ死ねばいいと思うけど、事実としているんですね)

 

実は、一回だけそういう家庭の方を受け入れたんです。

僕も、SNSで宣言した以上は、結果を出したという報告をしたくて、顔を隠して僕のラインのタイムラインで投稿させて頂きました。(同伴した社会人のお姉さんに顔を隠す条件で了解を頂いてます)

だけど、服装から特定されてしまって、「おたくは貧困家庭なんだ」と周囲に言われてしまったそうです。

これは僕の配慮が足りませんでした。

僕が甘ちゃんでした。

日本はもう少し暖かいと思ってたんです。

他人のマイナスを見つけて足を引っ張る人より、困っている人を応援する人が多いだろうと信じてたんです。

どんな思いであってもそのご家庭に不愉快な思いをさせたのは事実です。

 

日本がクソなら、クソくらえと反省しつつロックに逆襲します。

 

会場とかは決まってないですが、僕が月に一度休みを削って働きます!

浜崎アカデミー塾長のなるちゃん先生が、無料の自習室を広島のどこかで月に一度開催します。

オンライン参加もありです。

参加条件は経済的なものにしません。

ただ、中学入試と大学入試の指導はしません。今の学校の勉強で分からないところがあって困っている人を救います。

浜崎アカデミーは僕が休みの日も他の先生で稼働してます。

僕に習いたい生徒もたくさんいます。

だけど、これは僕の趣味としてやりたいと思います。

#吐いた唾は吞むなよ

#それがロックか

という #ロック魂 でまだまだ突っ張ろうと思います。

応援頂けたら嬉しいです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA